イタリア語学ぶなら Kudan Language Academy 東京 市ヶ谷

KLA

本文へスキップ 

イタリア語の充実した学習とメソッドを提供します 東京都千代田区 最寄り駅:市ヶ谷

電話でのお問い合わせはTEL.03-3265-6358

〒102-0074 東京都千代田区九段南4-5-14

九段アカデミー

イタリア語始めるなら九段アカデミー 充実した初心者向けクラス 

入門者歓迎:文法からしっかり学べます。日本人講師、イタリア人講師選択可。

通う時間がない人歓迎:「いつでもどこでも学習」をモットーに、Eメールですべて学習が出来ます。

会話学習をしたい人、読解学習をしたい人、文法をきちんと学びたい人、歓迎:希望に応じた学習が可能。

短期で一気に力をつけたい方歓迎:集中コースがあります。1ケ月で1年分の力をつけることもできます。


レッスン内容を自分向きにカスタマイズしたい、講師の希望、など話し合って、学習者の目的、レベルに合わせた学習を取り入れるようにしています。
また、学校行事もあり、楽しく通うようにしていますが、もちろんイベントへの参加は自由です。マラソンクラブやウクレレクラブがあります。最近は囲碁も始めました。
早朝レッスン(7時から)もあります。これも、早朝に学習したいという方のためのコースです。日曜日や祭日の学習も可能です。
会話学習と並行して、Eメールでリスニングや作文添削をすることもできます。学習レベルを上げる為の補助学習でこれも「学習者の身になって」の考えから来ています。特に力を入れているのが「作文添削」です。語学学習を難しく考えている方に一言。語学は「作文力」です。いくら長く学習した方でも、言いたいことが言えない、つまり作文が出来なければ語学が出来ることにはなりません。逆を言えば、「作文が出来る」ことが、語学学習の目標と言ってもいいのです。



(個人レッスン)希望する方:是非次のコースをトライ下さい。①文法学習 ②会話学習 ③イタリア文学リーディング ④旅行会話学習 ⑤短期集中学習(30時間~150時間)(通学で)
SKYPE学習 


イタリア語学習は、基礎から。
*外国語に、あなたの将来を託してみよう。外国語を知っていることだけで、視野が広く、世界が広く。
*何やったらいいのかわからない。そんな気分になったら、外国語学習を。ここから何かが生まれる。外国語学習をやって後悔した人はいません。今使うのか、10年20年後に使うのか、それでも価値がある。
*英語以外の学国語を探しているなら、イタリア語やフランス語を。ラテン語は英語の基ですから、ラテン系の言語を学べば英語の上達に繋がるという事を、経験した人の多くが語ります。
*集中学習を。30時間~100時間を短期間(2ケ月~半年など)でやればすぐに力がつきます。

当校でイタリア語を学習した人たち
Sさん:イタリアへ音楽留学。イタリアの楽団に所属し活躍中。テレビのインタビューもこなす。料理も得意。
Mさん:イタリアへサッカー留学。プロで活躍。帰国後事業開始。今はメンタルトレーナーとして活躍。
SKさん:イタリア人と結婚。イタリアでチーズ教室やオリーブオイル栽培農家を経営。優しい夫と二人三脚。
MTさん:政界で活躍中。イタリア語は趣味。イタリア大好き。
SOさん:会社社長。海外に拠点をいつくか持ち、海外主張多し。イタリアは特に仕事関係なく、趣味。
Aさん:イタリアへジュエリーの勉強へ。帰国後資格を取り、ジュエリーデザイナーとして活躍
Hさん:イタリア料理の勉強へ。レストランで修業中。帰国後はイタリアレストラン開業が夢。
AKさん:声楽の勉強中。オペラの理解にイタリア語学習。将来は音楽留学をと。
 **実に様々な人が、「夢」を持ちイタリア語を勉強しています。

語学の学習の方法について
長年、日本人の外国語学習方法は試行錯誤を繰り返しています。文科省の教育要領も10年置きに変わり、ゆとり教育の結果日本人の教育レベルが世界的に大きく下がったことで巻き返しに必死です。英語に関して言えば、文科省がいかに教育要綱をいじろうと、ずっと低位は変化なし。英語教育に関わってきた者から見ると、日本語と英語は全く異質の言語であることを理解してかからないと、日本人の英語レベルが上がるとは思えない。

さて、外国語学習には、文法、作文、読解、リスニング、会話と分けられるが、それぞれの方法の重要性や効果は大体下記のような表に集約されます。

  順番  重要度  学習から得られるもの 
作文  中期 文法  語彙  表現力 
読解 中期  文法 語彙  表現力 
会話  後期  語彙  表現力  発音 
文法  初期  ◎  文法     
リスニング  中期  〇  語彙  表現力  発音 

一般に会話学習と言っても、初級中級レベルでは、ネイティブや世界の人と伍して会話することは出来ない。それは、非常に少ない語彙しかないから。語彙が少なくとも会話は出来ますが、日本語に置き換えてみれば、いわゆるひらがなだけの語彙(小学生低学年)で会話をしているようなもの。
上記の表で見るように、会話は語彙、表現力、発音を学ぶのに良い方法なのだが、少ない語彙での会話しかしないようでは、ビジネスには使えない。また、会話のレベルが低いのは教育方法にだけ問題があるのではない。語彙や表現力が乏しいまま、更に文法力も乏しいまま会話をいくらやってもレベルは上がらないのである。なぜ語彙力が不足しているのか。これは日本語と欧州言語に共通点が何もないからである。一般的に人が一日に見聞きする単語は15000(標準的な語彙数が20000~25000)と言われる中、2000~3000の語彙では、太刀打ちするのは大変困難。ちなみに、欧州言語は30~70%がお互い、または英語と単語が共通である。
従い、日本人の外国語力を上げるには、語彙を上げることは大変重要であり、それを支える文法も基礎力として重要なのです。低いレベルの会話をやるよりも、語彙力を上げることがいかに重要かわかるでしょう。そのためには何が必要かが上の表でわかります。作文読解が語彙を増やす良い方法なのです。会話は、後期学習で、語彙を高めた後にやればやるほど効果が高まるという事です。

作文学習の効果:
次の表は、当校における過去5年間の作文添削受講生の受講期間を比較したものです。(言語は複数)

  5年以上  2年~5年  半年~2年  半年未満 
現在受講中生  25%  37%  24%  14% 
平均  12%  22%  34%  32% 

データ総数は約200です。現在受講中生+2018年5月に近い時期に受講を中止した人≒200人ほどからのデータです。平均で半年未満が多いのは主として、例年10月~2月にかけて、大学受験生が増えるからです。この表を見て思うのは、現在受講生に2年以上の受講生が多い事です。62%を占めています。サービス(役務)は満足しなければ辞めていくものです。これを見ると多くの方がこの学習方法に満足し、出来るだけ長く続けたいと思っていると見えます。つまり、学習者は、「作文学習」の必要性と重要性を感じているのです。
当校では、通学学習もおこないます。こちらは文法や読解もやっていますが、中心はやはり会話です。一般的な語学スクールでの受講生の受講期間は、半年未満~1年が大半を占めていると思われます。それは、受講生が会話学習の効果をあまり認めていない証拠です。実は、当校は通学在学生の5割は3年以上、3割は7年以上という超ロング学習者のいるスクールですが、辞める人を見ると他校と同じように、半年~1年で辞める人が多くいます。
もう少し辛抱してほしいと思う反面、即効が出ない会話学習は通うのも大変だという事もあり、なかなか長続き出来ないものです。(当校の受講生が長いのは別の事情があるようですが)。
こういう事から、当校では、まず「作文」「読解」そして「文法」を学習することを大いに勧めます。

ここだけの話:日本人にはイタリア語は向いています。何故なら、イタリア語の発音は日本人の耳でほとんど聞き取れるからです。英語は恐らくうまくなればなるほど悩むのはリスニングです。海外で長く生活した人でないと、通訳が出来ない理由がここにあります。それに対し、イタリア語は聞き取れます。イタリア語を勧める大きな理由はここにもあります。

news新着情報

2018年3月27日
「イタリア語のことわざ」(Proverbi d'Italia)発刊しました。日本で初めてのイタリア語のことわざ集です。1000以上のことわざを載せています。こちらからどうぞ。AMAZONでも買えます。      
2018年2月5日
今年のイタリア行は、10月のベネチアです。5~6人の参加を見込んでいますが、是非ご参加下さい。10月28日の10kmマラソン大会に出場、応援、晩餐参加のどれでも結構です。一方3月のStramilanoには今年も3名ほど参加されます。すっかり気に入ったようですね。Stramilanoを知らない方に説明すると、10kmの市民マラソンです。ミラノ旧市内を走ります。ただ、8割方の人は歩いています。一昨年は6万人が参加。これがイタリア人ですから、それぞれ会話をしながら10kmを歩くのです。壮大な歩き話大会です。完走すれば完走メダルが出ます。当校の代表は1990年頃から5~6回参加。当校の生徒さんは2015年から毎年何人か参加しています。興味ある方はぜひ一緒にどうですか?イタリアへ行く目的がスポーツを通じた語学学習で、楽しいですよ。
2017年12月15日
恒例のクリスマスパーティ(第16回目)。当校では、食べ物飲み物持ち寄りの、食べること中心のパーティです。今年は、鳥の北京ダック風。手作りサラダ。ローストポークなどの手作りに、鶏ももフライ、フレンチのケーキ、他ケーキや飲み物、シュウマイなどああ他にも沢山。今年もおいしかった。
2017年10月9日
駒沢競技場のマラソン大会に出場。学習者5人+講師2名、合計7名で「九段アカデミー」のたすきを繋いで、フルマラソンを完走しました。天気も良く最高でした。来年もぜひやりたいと、今から意気軒高。4時間1分9秒。全体の262位でした。応援もありがとう。
2017年6月8日
作文学習を見て最近の傾向として、複数言語受講生が多い事。当校ではイタリア語の作文添削だけでなく、フランス語、スペイン語、中国語、そしてもちろん英語を実施していますが、最近複数言語を受講する方がとても増えたこと。イタリア語+英語、イタリア語+中国語、英語+フランス語、フランス語+イタリア語など、中には3言語以上受講する方も。だんだん、外国語は一つの時代ではなくなってきているのかな。
2017年3月11日
昨年12月に上梓した当校学校長のエッセイ「読んで楽しいイタリア語の話」がいつの間にか、アマゾンイタリア語書籍でベストセラー1位になっています(12月、1月、2月と3ケ月連続)。書いた本人が一番驚いていますが、興味がある方には、このHPでも販売中です。
2017年1月19日
昨年に引き続き今年もSTRAMILANO参加決定!すでに4人の参加が決まっています。ミラノへ行こう!九段アカデミーSTRAMILANOツアー第2弾。
2016年12月7日
Il settimanaleの読解学習のページを設けました。Il Settimanaleの記事を毎号一つ取り上げます。読解学習をしてみましょう。
2016年10月10日
恒例のマラソン大会、駒沢競技場にて開催。5名参加しました。
2016年10月 1日
早朝レッスンは3月~10月までとしていましたが、好評につき冬場も継続します。朝7時から。
2016年9月 28日
イタリア語イディオム(通信講座を999円/月)好評。また、「イタリア語のイディオムの本」1集+2集合冊で、3780円で発売開始。
2016年7月 29日
恒例の納涼の宴。例年通りCanale Cafeにて開催。丁度この日神楽坂祭りの為、宴のあとは祭り見物。更にもう一軒行っちゃいました。
2016年5月 8日
英語からイタリア語作文コース。多言語同時学習。
2016年4月 8日
恒例のお花見会。千鳥ヶ淵の桜を見に行くのもこれが14回目の春。 イタリアからの帰国報告会も兼ね、盛り上がりました。
2016年 3月20日
Stramilanoで走って応援してパーティ! ついにイタリアへ。 行きました!5人!

  

スマートフォン版