文法

本文へスキップ

九段アカデミー イタリア語、英語、フランス語、中国語  通学と通信で

TOP 文法添削   作文添削 リスニング学習

イタリア語の学習書の内容見本のページHEADLINE

       各1944円+送料200円
 入門編 

essere avere

例文) これは本です。     Questo è un libro.     
     あれはノート(複)です。Quelli sono i quaderni.  

指示代名詞とessere

これ、あれ(男性形/女性形)  questo/questa  quello/quella

これら、あれら(男性形/女性形) questi/queste  quelli/quelle

essere の変化  sono – sei – è – siamo – siete – sono

人称について: 一人称(私、私たち)と二人称(貴方、貴方達)以外はすべて三人称です。それは、人だけでなく物も、事も全て三人称になります。 

1.  これは駅です。あれは郵便局です。 

2.  彼らはイタリア人です。私は日本人です。 

3.  これらは犬(たち)です。 あれらは猫(たち)です。 

4.  あなたはイタリア人ですか? いいえ、私はイタリア人ではなく、フランス人です。  

5.  その練習問題は難しいですか? いいえ、とても易しいです。 

 

例文) これは赤い車です。 Questa è una macchina rossa. 

彼らは大きい。     Loro sono grandi.  

  形容詞は、(1)修飾する名詞または主語に応じて変化します。(2)名詞を直接修飾するときは、一般に名詞の後につけます。

  avereの変化  ho – hai – ha – abbiamo – avete – hanno

 

6.  スパゲッティはおいしいです。 

7.  Giorgioは大きくて赤い車を持っています。

作文学習・中級編 

命令法

  例文) すみません!その本を取って下さい。
          Mi scusi! Prenda quel libro, per favore.
           Senta scusi! Mi faccia avere quel libro.

           ここでは煙草を吸ってはいけません。
           Non si fumi qui.     Non fumare qui.

  * 再帰代名詞や補語人称代名詞は、12人称と3人称では置く位置が異なります。
        Mi faccia sapere.   Fammi sapere.
           Incontratevi a Tokyo!   Non si alzino! 

401. 私の言葉を信じてください。 

402.彼の言うことを信じるな。 

403. 出来るだけ急ぎなさい。

  

関係詞

  例文) あれは昨日東京から来た代表団です。
             Quella è la delegazione che è arrivata da Tokyo ieri.
        それは昨日君に話した本ですよ。
             È il libro di cui ti ho parlato ieri.

 *関係代名詞 Maria è una ragazza italiana che è di Roma.  主語的用法
                  Marco è un ragazzo che ho conosciuto stamattina.  目的語的用法
                  Maria è un’amica mia con cui sto sempre insieme.  前置詞を伴う
          Sergio è un uomo al quale devo telefonare domani.

*関係副詞  Questa è la casa dove ho vissuto da piccolo.
      Non dimenticherò il giorno quando ti ho incontrato per la prima volta. 

411. 昨日君があった男は私のいとこです。 

412. 私が通っている医者は親切で腕がいいです。 

413. 私がここに来るのに乗ってきた電車は殆ど空っぽだった。 

414. 帰りたい人は、早く宿題を終えなさい。

一般文章

421. ジョルジョは先生と同じくらい背が高いです。  

422. あなたはイタリアへ行ったことがありますか? いいえ、まだ行った事はありません。 

423. 何か読むものがありませんか? 私は少し退屈です。 

424. 私はFrancaの誕生日パーティに招待された。

 作文学習 中級(3  

接続法

  例文) ジョルジョはもうローマに着いたと思う。
Penso che Giorgio sia arrivato già a Roma.
   彼はもっと勇気があると思っていた。
Credevo che lui avesse più coraggio.

    *従属節の動詞に接続法を従える、主節の動詞の例:
    想像、疑惑、可能性、願望、強化、希望など。非人称構文のcheの後。
    Pensare, immaginare, credere, dubitare, supporre, non essere certo, volere, desiderare,

  例文18) 彼らが来る前に彼と話をしよう。
            Parlerò con lui prima che vengano.

           彼は熱があったにも関わらず出掛けた。
           Sebbene avesse la febbre, è uscito.

     *次の接続詞、接続詞句では接続法が用いられる。
   nonostante(~にもかかわらず)sebbene(~にも拘わらず)、benché(~にも拘わらず)  perché(~のために、~するように)finché(~するまで)prima che(~する前に)

    *相対最上級で表現された後の節の中では接続法が用いられる。
     Lei è la persona più simpatica che io conosca.
701. この家が建てられたのは50年くらい前だと思う。 

702. 私は彼が入学試験にパスすると思う。

703. 先生は私にクラスのリーダーになることを希望している。 

704. 彼がゲームに参加するかどうかという事が重要なのです。

 条件法

  例文) 君が彼の立場だったらどうしますか?
                Cosa faresti al suo posto?

           もし体調が良ければ、喜んで行くのだが。
                Se io stessi bene, andrai volentieri.
   *条件法は、ある条件のもとに現実のものとなる動作、状況、状態を表します。

 例文20) 魚があったのなら、食べていたのに。
               Avrei mangiato il pesce, se ci fosse stato uno.

           2日前に医者が私にどうしてもその薬を飲みなさいと言った。
               Due giorni fa il dottore mi ha detto che avrei dovuto prendere la medicina per forza.

   *条件法過去は、過去の事柄に対する要求の語調緩和、過去のある条件のもとで起こりえた動作(しかし実際は起こらなかった)、未来において実現しないこと(実現しないことが分かっている)、過去のある時点から見た未来の事柄(現在からみれば過去のこと)などを表します。

 717. 私は昨日のパーティに来たかったのですが、来ることが出来ませんでした。風邪を引いたのです。  

718. 台風が来た時は家に居た方がいいよ。

719. 鳥の様に空を飛べたらなあ。直ぐに君のところへ行くのに。

720. ひとつお願いがあるのですが? 窓を開けて頂けませんか?

721. もっとイタリア語を熱心に勉強していたら良かったのになあ。

 

    特価各2430円   4790円(送料込)
 

天気・自然界と関係がある表現

 

001 "a cielo aperto" ☆ 露天の、空の下の
In periferia c`è una discarica a cielo aperto.
郊外に野外のゴミ捨て場がある。
Per ferragosto hanno organizzato una discoteca a cielo aperto in piazza.
8月15日に広場で露天のディスコを設営しました。

002 "a fiori" ☆ 花模様の
Lei aveva una maglietta a fiori molto elegante.
彼女はエレガントな花模様のシャツを着ていました。
Prima ho ritirato la tua camicia a fiori nell`armadio.
私は君の花模様のシャツをたんすの中に入れました。

003 "alla luce dei fatti" 事実に照らして、事実に基づいて
Alla luce dei fatti, abbiamo abbastanza certezze per decidere bene.
事実に基づき、正しい結論が出されることに十分な確信があります。

004 "alto papavero" ☆ ☆ 偉い人
Alla riunione hanno partecipato tutti gli alti papaveri della ditta.
会社の偉い人たちは皆会議に参加しました。
Gli alti papaveri di quella società sono stati arrestati per corruzione.
あの会社の偉い人は買収で捕まりました。
Mario è un alto papavero di quella società e conosce anche il presidente.
マリオはあの会社の偉い人で、社長も知っています。


236 "avere le braccia corte" ☆ ケチ
Lui ha le braccia corte e quando andiamo al bar non mi offre mai niente.
彼はとてもケチなので、バールに行っても決して何も買ってくれません。
Chi ha le braccia corte non vuole mai spendere soldi.
ケチな人は決してお金を使いたくない。
けち=braccia corte
In italiano si dice che chi è avaro e non vuole spendere soldi ha le braccia corte, talmente corte che non può arrivare a mettersi le mani in tasca per prendere il portafoglio. Quindi, non potendo afferrare il portafoglio, non ha la possibilità di utilizzare i soldi che ha con se.

ケチな人(欲が深い人)は、お金を使いたくないので、ポケットに手をいれて財布を取り出すことが出来ないようだということから、腕が短いと言う。結局財布を取り出すことが出来ないので、お金を使わないことになる。 また、ケチな人のことを、veneziano(ベネツィア人) ともいう。ベニスは商人の町なので、お金には細かいと思われている。 


237 "avere le mani bucate" ☆ 浪費癖がある
La sorella di Marco ha proprio le mani bucate.
マルコの妹は本当に浪費家だ。
Luca ha le mani bucate e non riesce a risparmiare nemmeno un Euro.
ルーカは浪費癖があって、1ユーロも、貯金ができません。

238 "avere (molto) a cuore (名詞)" ☆ ☆ 大事にする、とても気にかける
Ho molto a cuore l`avvenire dei miei figli.
私は、息子たちの未来の事をとても大事にしています。
Il signor Tanaka ha molto a cuore la situazione dell`azienda.
田中さんは会社のことをとても気にかけています。
Se avete a cuore la felicità dei vostri figli, dovete permettergli di studiare.
子供の幸せを大事にするのであれば、彼らに勉強をさせてください。

記述をする時に使う表現

100 "a gran voce" ☆ ☆ 大きな声で、強く
Hanno chiesto a gran voce un giorno di vacanza.
彼らは休暇をとることを、強く要求しました。
L`avvocato ha difeso a gran voce gli imputati.
弁護士は被告を強く守りました。
Dopo essere entrato in ufficio ha chiesto a gran voce di parlare con il presidente.
事務所に着いた後、彼は大きな声で社長と会うことを要求しました。
“A gran voce” は“話す”という動詞や“声”に繋がる動詞と共に使われています。例えば”chiedere”, “parlare”, “cantare”, “pronunciare”, “dichiarare”, (スピーチで)“difendere”, (スピーチで) “attaccare”。 声や話すことと関係がない動詞と”a gran voce”は一緒に使う事ができません。 
101 "alla cieca" 無分別に、盲目的に、手探りで
In casa era buio e tutti camminavano alla cieca.
家の中は、暗かったので皆は手探りで歩きました。

102 "alla svelta" ☆ ☆ 急いで
Questa mattina ho dormito troppo e sono dovuto andare al lavoro alla svelta.
今朝私は寝坊したので、急いで仕事に行かなければなりませんでした。
Ha poco tempo a pranzo quindi mangia sempre alla svelta.
彼は、昼食はあまり時間がないのでいつも急いで食べます。
Volevano tornare a casa prima di sera quindi hanno lavorato alla svelta.
彼らは夜になる前に帰りたかったので、急いで働きました。

103 "avere la brutta mania di" ☆ ☆ ~という欠点がある
Mario aveva la brutta mania di fumare.
マリオはタバコを吸うという欠点がありました。
I treni italiani hanno la brutta mania di fare sempre ritardo.
イタリアの電車はいつも遅刻するという欠陥を持っています。
Voi avete la brutta mania di dimenticarvi le cose che sentite.
あなた方は聞いたことを全部忘れるという欠点があります。

104 "avere la memoria corta" ☆ 何でもすぐ忘れる
Per quanto riguarda i suoi errori, lui ha la memoria corta.
彼はミスしたことは、何でもすぐ忘れてしまいます。
Il nonno aveva la memoria corta e dimenticava sempre il compleanno della nonna.
祖父は忘れっぽい人で、いつも祖母の誕生日のことを忘れてしまっていました。

105 "(di) buon gusto" ☆ 優雅、センスがある
Quando si compra un vestito il buon gusto è molto importante.
洋服を買う時に、センスがあることはても大事です。
Una persona di buon gusto non credo che comprerebbe quel cappello.
センスがある人は、あんな帽子は買わないと思います。
 

“Buon gusto”は形容詞として使う時に、”di”と言う前置詞と一緒に使われています。例えばセンスが良い人なら、”persona di buon gusto”になります。~はセンスがあるなら、”avere”動詞を使って、”avere buon gusto (in)”と言います。例えば:”Lei ha buon gusto nel vestire.”は、彼女は洋服のセンスがあります

 

 

 A

abbaglio (過ち)
・prendere un abbaglio ☆ ミスをする、へまをする、
A causa del caldo ha preso un abbaglio e ha sbagliato a scrivere il nome di sua figlia.
彼は暑さのせいでへまをして、娘の名前を間違って書きました。
Succede a tutti di prendere un abbaglio quando si è stanchi.
疲れた時には誰でもミスをする時があります。
acca
・non valere un`acca ☆ ☆ 価値がない
(”acca”=Hは発音されないので)
Questo computer è vecchio e ha tanti problemi. Ormai non vale un`acca!
このパソコンは古く、たくさん問題がある。もはや価値がありません。
Questa collana non vale un`acca.
このネックレスは全く価値がありません。
Ormai le azioni di questa società non valgono un`acca.
この会社の株はもう価値がありません。
acciaio
・avere i nervi d`acciaio 物事に動じない、したたかである
Luigi ha i nervi d`acciaio e anche quando è nei guai resta tranquillo.
ルイジは物事に動じることがなく、困った時でも落ち着いています。
・memoria d`acciaio ☆ 抜群の記憶力
Si dice che l`elefante abbia una memoria d`acciaio.
象は抜群の記憶力があると言います。
La nonna aveva una memoria d`acciaio e ricordava sempre tutto.
お婆さんは抜群の記憶力があって、いつでも何でも覚えてくれました。

alzare
・alzare i tacchi ☆ 行ってしまう、急いで立ち去る (*taccoはかかと)
Lui ha salutato tutti e ha alzato i tacchi.
彼は皆に挨拶した後、急いで帰ってしまいました。
Dopo aver parlato con Marco lei ha alzato i tacchi.
彼女は、マルコと話した後で帰ってしまいました。
・alzare il gomito ☆ ☆ お酒を沢山飲む、深酒をする
Alzare il gomito prima di guidare è molto pericoloso.
運転をする前に、お酒を沢山飲むのはとても危険です。
Spesso il sabato sera la gente alza il gomito e in stazione ci sono tanti ubriachi.
土曜日の夜にお酒を飲む人が多く、駅では酔っ払いが沢山でます。
Ieri sera ho alzato il gomito e questa mattina avevo mal di testa.
昨日の夜お酒を飲みすぎて、今朝は頭が痛かったです。
amicizia
・fare amicizia con ☆ 友達になる
Durante il mio viaggio in Australia ho fatto amicizia con una ragazza coreana.
オーストラリアの旅行の間に、韓国の女の子と友達になりました。
Ai tempi del liceo ho fatto amicizia con tante persone provenienti da paesi diversi.
高校時代、違った国から来たいろんな人と友達になりました。
ammazzare
・ammazzare il tempo ☆ 時間を潰す、時間を紛らす
Mentre ti aspetterò, farò un giro per ammazzare il tempo.
貴方を待っている間、私はそこら辺を歩いて時間をつぶしてきます。
In treno ho letto un libro per ammazzare il tempo.
電車の中では、本を読んで時間を紛らしました。
andare
・andarci di mezzo ☆ ☆ 巻き込まれる
Quando ci sono dei grandi incidenti succede che anche chi non ha fatto niente di male ci va di mezzo.
大きな事故では、何もしていない人も巻き込まれてしまうことがあります。
Sebbene fosse innocente ci è andato di mezzo ed è stato arrestato.
彼は無実だったのに、巻き込まれて捕まえられました。
・andare a finire (finire)
・andare a genio (genio)
・andare a male ☆ 臭くなる、腐る
Dato che mi sono dimenticato di ritirarlo in frigorifero, il latte è andato a male e ho dovuto buttarlo.
冷蔵庫の中に牛乳を入れるのを忘れ、腐ったので捨てました。
Le mele sono andate a male. Non mangiarle.
リンゴは臭くなってます。食べないでね!
  2,160円+送料200円
 1章.本当の意味は p.5-  trucco, candidato, coperto, così fan tutte, Domenica, erba, farfalla, fidanzato, gennaio/febbraio, manifesto, Monaco, portoghese/turco/indiano, veneziano, spaghetti all’arrabbiata, colpo della strega, tiramisù
2章.面白い響きのイタリア語 p.19- accappatoio, acciaio, angolo, asso/acca, attaccapanni, birichino, boccia, bottarga, ciabatta, dondolare, mancia, ninnananna, omaggio, ombelico, pancia, paparazzo/pappagallo, scivolare
3章.日本語のようなイタリア語 p.31- bravura, camoscio, campione, cane, chiacchierare, cicara/zansara, cravatta, doccia/goccia, magro, ne, seno
4章.日本でも知られているイタリア語 p.39- alto/basso, amico, calcio, carpaccio, conclave, coppa, cuore, mille/cento/nano, nero di seppia, paparazzi, soprano, veloce/pronto
5章.イタリア語で見る歴史 p.49- cicerone, centomiglia(gara di velo), giappone, giappone(2), giapponese, inno, latino, mecenate, oriente, quando/quanto/quale/chi/che/cosa/come, quarantena, storia, tedesco, testo
6章.ちょっと注意このイタリア語 p.66-  arredato/vuoto, buffone, dottore, dura, socio/membro, venire
7章.接頭辞接尾辞の付いた言葉 p.70- antifurto, binario, decamerone, furbone/salone/padrone, generoso
8章.職業の話 p.75-  avvocato, bagarino, commercialista, dentista, notaio, sindaco, veterinario
9章.合成語と熟語 p.83-  arcobaleno, babbonatale, biancaneve, braccia, buco-nero, cacciavite, catalogo, matilde religiosa, marcantonio, montagne russe/zuppa inglese/generale svizzero, portafoglio, scacciapensieri, sottovuoto, terremoto/maremoto, torcicollo
10章.郷にいては郷に従え p.95- calze, cambio, grandine, multa, nebbia, noleggio, raccomandazione, ricevuta/fattura, semaforo/rotonda, sorpassare
11章.日本語とは違うイタリア語 p.104- abbastanza, bar, bidè, buffa, camera, carte, intimo, nipote, fazzoletto, tifone/urgano, vita/spazio
12章.発音やアクセントに注意するイタリア語 p.117- colpo/corpo, casinò/casino, mare/male, torre
13章.愛称や外来語など p.122-  diavolo, gobba, husky/montgomery/barbour, moro
14章.日本事情、イタリア事情 p.126- codice, collina, il Lei, ipotesi, la Senna, mammone, passaggio, pensare, pentito, piombo, precetto, stella, stramilano, striscia, tesoro, Tomba la bomba
15章.食べ物、飲み物 p.147-  anguilla/anguira, baccalà, cachi, cioccolato, confetto, foccacia, gelato, gianchetti, macedonia/frutta di bosco, novello, ossobuco, pepe, soba, tartufo, tè, tramezzino, zenzero
16章.花、食物 p.163-       ortensia, papavero, paglia
17章.その他イタリア語の話 p.167- delitto/punizione, dialetto, emorroidi, energia, gravità, intervista/colloquio, macchina, matrimoniale, meteo, suono, mangiate, onomatopea, bisbigliare, padre, paese, patria, pioggia, postino, pronto soccorso, protagonista, Buon proseguimento, ragione, religione, ricetta, rombo, scatenato, reggiseno

1. 「イタリア単語」本当の意味は?
知らない単語は辞書を引けば意味が書いてあるが、その出典を探るともっと深い意味を知ることもある。また実際には辞書に書いている意味では会話では使われない単語も。
trucco (ツルッコ): “お化粧はトリックのこと”
私が面白いと思うイタリア語のひとつにこの“trucco”がある。これはお化粧のことを言う。しかし、もうひとつの意味はトリックである。英語ではメークアップ(make up=より良く見せる)などとうまく言いくるめようとしているが、イタリア語では、ずばりトリックだと言っているわけだ。ちなみに辞書を引くと、トリック以外にペテンとかいんちきとも書いてある。こうなると、メークアップに騙されて結婚したが、化粧を落とした顔をみてこれはペテンだと歯軋りすることはイタリアではないことになる。もともと、ペテンだと言っているわけだから「騙された貴方が悪いのよ」ということになる。尚、この名詞の動詞形はtruccareである。この動詞の意味は、「(人に対して)いんちきをする」「(人に対して)トリックをかける」という意味である。日本語では、もともと化ける(化粧)と言っているわけだから、イタリア語に近いのではないか。最近は電車の中でお化粧に忙しい女性を見るたびに、トリックのネタをこんなところでバラしていいのかなどと思っている。
truccareを使った熟語として、partita truccataがある。この意味は「八百長試合」である。truccoと似ている言葉に、truffaという言葉があるが、こちらの意味はずばり、「詐欺」である。動詞は、そのままtruffare(詐欺する、ペテンする)となる。ちなみに「オレオレ詐欺」は io io truffa とは言わない。これはイタリア語では、truffa telefonica という。「電話詐欺」ですね。

candidato (カンディーダート):“選挙の候補者は、穢(けが)れていない”
英語ではcandidate(候補者)といいます。candidoには、「純粋な」「真っ白な」という意味があります。これからcandidatoという単語が生まれたそうです。ローマ時代、立候補者は真っ白な服を着ていたからだという説があります。つまり、「俺は穢れていない、純粋です」という意味だったのでしょう。そう考えればこの言葉はなかなか意味深いと思わざるを得ません。まあ、逆にそれだけ純粋さを要求するほど、選挙違反があったのじゃないか、と邪推することも出来ますが。
candidareは「候補者を立てる」という動詞です。また、candeggiareは「漂白をする」candeggioまたはcandeggiaturaが、染色における「さらし工程」の意味です。この工程は夾雑物を除去する結果白っぽくなるということですから、白というよりも純粋な色にすることを言います。かつてドッキリカメラという番組がありましたね。それを英語でcandid cameraと言いますが、candidはこのイタリア語のcandidoから出たもので、本来は「正直な」「ありのままの」と言う意味です。それが、段々「露骨な」「無遠慮な」というような意味にもなりました。イタリア語の方は、そこまで発展しておらず、まだ「無垢な、無邪気な」と言う意味に留まっているようです。
候補者(candidato)といえば、日本は安倍首相で明治以来62人目の首相です(複数選出回は除く)。首相の任期が短いのが日本の特徴のようですが、イタリアも結構短いはず、と思って調べてみると、王政時代(1861年から第二次世界大戦終了まで)に30人、共和制になってから2015年のRenzi首相まで26人、合計56人でした。イタリアは一度やめて、他の人が首相に成った後にまた返り咲くということが多く、Andreottiは3回、Fanfaniに至ってはなんと5回も首相になっています。まあ、首相の数と政権の長さに関しては、イタリアと日本はよく似ているというところでしょうか。
尚、投票は、votoと言いますが、学校の成績のこともこう言います。bei votiは良い成績です。投票する人は、選ぶ候補者が成績を上げて貰いたいと思って、投票するのでしょうから、candidatoになって、たくさんvotiを集めた人は、決して brutti voti(悪い成績)は上げないようにして欲しいと思いますね。

coperto (コペルト):“コペルト(テーブルチャージ)はテーブルクロスの洗濯代?”
テーブルチャージまたはカバーチャージのことをcopertoといいます。日本語では「席料」と言うのだろうか。要するに座っただけでかかる料金で、場合によっては不要(または不当)に感じるものである。これは、通常はpane(パン)代のようなもの。イタリアのpane は外側が硬い。人によっては外側が硬ければ硬いほど良いという人もいる。確かに、中がそんなに硬くなければ外はある程度硬いほうがイタリアのパンらしい。しかし、あまり硬いと口の中を切ってしまうので、程々が良い。これを輪切りか、もしくは半分にして2~3cmの厚さに切った物をテーブルの上においてあって、これが一般にはcopertoとなっている。
      各1944円+送料200円
13章 大気汚染対策に自転車を奨励
Festa della bici: il centro di Milano è stato chiuso al traffico per un giorno.
Domenica scorsa le automobili non potevano circolare per le strade del centro di Milano. L`iniziativa è stata presa dal comune per incentivare l`utilizzo della bicicletta al posto di macchine e motorini. A Milano il traffico, la scarsità di parcheggi e l`inquinamento dell`aria sono dei problemi molto seri. Per questa ragione, il comune cerca di invogliare i milanesi a muoversi con i mezzi pubblici e la bicicletta invece che con la macchina.

incentivare 奨励する、助成する、al posto di ~の代わりに、invogliare ~するようにさせる

36章 経済危機への対処、政治家と公務員の給与削減へ
Crisi: il Governo decide di abbassare gli stipendi ai politici e ai dirigenti delle società statali.
Per fare fronte alla crisi economica, il Ministro del Tesoro Giulio Tremonti ha annunciato che gli stipendi dei politici verranno diminuiti del 15%.
Inoltre, per risparmiare soldi, verranno anche diminuiti i compensi dei dirigenti delle aziende pubbliche e probabilmente si proporrà anche l`eliminazione di alcuni enti locali, come ad esempio i comuni con meno di 1000 abitanti.

stipendio給料、月給、compenso報酬(compensoはstipendioと同じように給料としても使われるが、給料以外の報酬をも意味する) 
 48章 一般道路でのカーレースで歩行者をひき殺す
Investe e uccide un pedone durante una gara d`auto clandestina: arrestata una donna a Trapani.
Una ventiquatrenne di Trapani è stata arrestata dalla polizia stradale. La ragazza è stata accusata di aver investito e ucciso un pedone durante una gara di auto clandestina per le vie del centro della città siciliana. La polizia ha anche identificato alcuni amici della giovane che sono stati accusati di favoreggiamento.

favoreggiamento違法な援助、支援、教唆(そそのかす)

71章 ニシキヘビで麻薬を隠蔽
Roma: una banda di spacciatori usava un pitone per nascondere la droga.
La polizia ha sgominato una banda di spacciatori che operava nella periferia della capitale. Gli agenti hanno anche fatto irruzione nel covo del`organizzazione criminale. Lì sono stati ritrovati diversi chili di droga, delle armi, del denaro e anche un pitone di 3 metri. Il pericolosissimo rettile veniva utilizzato dai malviventi per nascondere la droga e per minacciare i clienti che non rispettavano i pagamenti.


pitoneニシキヘビ、大蛇、sgominare追い散らす、敗走させる
irruzione押し入ること、急襲
rettile爬虫類

 

  

 


  



fed

ナビゲーション

バナースペース

九段アカデミー

〒102-0074
東京都千代田区九段南4-5-14
ジェネシス九段南 4F

TEL 03-3265-6358
FAX 03-3265-6368

購入は下記paypalでの
お支払か、銀行振り込みで

ご注文はここから


2430円
2700円
13500円
2916円
5400円
6480円
10800円
3440円
2160円
2360円
1280円


ツイートする