LE NOZZE DI FIGARO     Wolfgang Amadeus MOZART

NON PIÙ ANDRAI  もう飛ぶまいぞ蝶々

ケルビーノは小姓であり、誰にも恋してしまう浮気者。そのためにアルマヴィーヴァ伯爵は彼をセビリアの軍隊に送ろうとする。
この歌はフィガロが一計を案じ、ケルビーノがもう色男ぶりを発揮できないことをからかって歌う。

Non più andrai, farfallone amoroso
Notte e giorno d'intorno girando
Dalle belle turbando il riposo,  
Narcisetto, Adoncino d'amor.  
                         
Non più avrai questi bei pennacchini, 
Quel cappello leggiero e galante,
Quella chioma, quell'aria brillante, 
Quel vermiglio donnesco color.        

もはや行けないね、恋する色男よ
夜も昼も辺りを徘徊して
美しい娘たちの心を乱しには。
ナルシソスの神、アドニスの神よ。

この美しい帽子の羽飾りも、
その軽く粋な帽子も、
その飾りも、その派手な服装も、
その女性的な朱色の顔も、終わりだ。

     

Tra guerrieri, poffarbacco !
Gran mustacchi, stretto sacco,
schioppo in spalla, sciabla al fianco
collo diritto, muso franco,
un gran casco, o un gran turbante,
molto onor, poco contante,
ed invece del fandango,
una marcia per il fango.
Per montagne, per valloni,
con le nevi e i sollioni,
al concerto di tromboni,
di bombarde, di cannoni,
che le palle in tutti i tuoni,
all'orecchio fan fischiar.
Cherubino, alla vittoria !
Alla gloria militar.
戦士たちの中に、おやまあ
大きな髭と真っすぐなバッグ
肩に鉄砲腰にサーベル
衿を立て勇敢な顔つき
大きい冑にターバン
ファンダンゴを踊る代りに
ぬかるみを行進、
山や谷
雪の中も猛暑の中も
ラッパ音に合わせ
射石砲や大砲の
その玉を発する大音響
が耳をつんざく
ケルビーノ 勝利へ!
軍隊の勝利へ

     

CAVALLERIA RUSTICANA  Pietro MASCAGNI

MAMMA QUEL VINO È GENEROSO ママ、あのワインは強いね

Santuzzaと言う許婚がいながら、昔の恋人で今はAlfioの妻になっているLolaと密通を重ねるTuridduが
Alfioとの決闘の前に死を予感して母親(Lucia)に別れを告げる。副題:Addio alla madre

Mamma, quel vino è generoso,
e certo oggi troppi bicchieri ne ho tracannati...
vado fuori all'aperto.
Ma prima voglio che mi benedite
come quel giorno che partii soldato...
e poi... mamma... sentite...
s'io... non tornassi...voi dovrete fare
da madre a Santa,ch'io le aveva giurato
di condurla all'altare.
(Lucia: Perché parli così, figliuolo mio?)

Oh!... nulla!...
E' il vino che mi ha suggerito!
Per me pregate Iddio!
Un bacio, mamma... un altro bacio...
Addio!

ママ、あのワインは強いね
確かに、今日は飲みすぎたようだ
外で風にあたってこよう
でもその前に、僕に祝福を与えてね
僕が兵隊に行ったあの日のように
そして…ママ…聞いてね
ひょっとして僕が戻らなかったら、ママが、
サントゥッツァの母親になってくれるかい
というのも、僕は彼女を妻にする、と
誓ったんだから…。

(息子よ、どうしてそんなことを言うの)

エッ、ああ!…なんでもない…
酒が僕に言わせたようだ!
僕のために、神様に祈っておくれ!
ママ、もう一度キスを…
さようなら!

        


GIANNI SCHICCHI   Giacomo PUCCINI

O MIO BABBINO  CARO

Gianni Schicchiの娘LaurettaはRinuccioを愛し、どうしても婚約指輪を買いに当時宝石で有名な
Porta Rossa通りへ行きたくて仕方がない。その気持ちを父親babbinoに伝える。

O mio babbino caro,
mi piace,
è bello  è bello!
Vo'andare in Porta Rossa
a comperar l'anello!
Si, si, ci voglio andare
e se lo amassi indarno.
andrei sul Ponte Vecchio,
ma per buttarmi in Arno!
Mi struggo e mi tormento!
O Dio, vorrei morir!
Babbo, pieta, pieta!
ねえ、優しいお父さん、
私はあの人が好きなの、
あの人はとっても美しい人なの
だからポルタ・ロッサへ
指輪を買いに行きたいのよ
そうなの、とても行きたいのよ!
もし、私の恋が報われないとしたら、
私はポンテ・ヴェッキオの橋の上から
アルノ川に身を投げるわ!
この身を引き裂かれ、苦しいのよ!
おお、神よ、死んでしまいたい!
お父さん、お願いよ、お願い!

     

RIGOLETTO   Giuseppe VERDI

LA DONNA È MOBILE

マントヴァ公爵の浮気心をジルダに見せようと殺し屋の妹を口説く公爵の姿をジルダに
見せるリゴレット。公爵の勝ち誇ったような歌声が聞こえる 「女心の唄」

La donna è mobile
qual piuma al vento,
muta d'accento
e di pensiero.
Sempre un amabile
leggiadro viso,
in pianto o in riso,
è menzognero.

È sempre misero
chi a lei s'affida,
chi le confida,
mal cauto il core!
Pur mai non sentesi
felice appieno
chi su quel seno,
non liba amore!

は気まぐれ
風の中の羽のよう
言ったことも思うことも
すぐ変わる
いつも愛すべき
しとやかな顔つきだが
涙を流していても笑っていても
それは、うそ

不幸なのは、いつも
女を信頼し
女を信ずる者、
こころの中は隙だらけ
それでもしかし
女の胸の上にあっても
至上の幸せを感じない者は
愛を味わうことのない者だ

     

IL BARBIERE DI SIVIGLIA   Gioachino ROSSINI

UNA VOCE POCO FA

Une voce poco fa
qui nel cor mi risuonò;
il mio cor ferito è già,
e Lindor fu che il piagò.

Si, Lindoro mio sarà;
lo giurai, la vincerò.
Il tutor ricuserà,
io l'ingegno aguzzerò.

Alla fin s'accheterà
e contenta io resterò...
Si, Lindoro mio sarò
lo giurai, la vincerò.

Io sono docile,
son rispettosa.
sono ubbediente,
dolce, amorosa;
mi lascio reggere,
mi fo guidar.

Ma se mi toccano
dov'è il mio debole,
sarò una vipera
e cento trappole
prima di cedere
farò giocar.

先ほどのあのお声は
私のこの心に深く響きわたったわ。
私の心はもう傷ついていて
それはリンドーロのせいなの

そうよ、リンドーロは私のもの、
誓ったの、必ず勝ち取ると
後見人は許してくれないかも、
でも私は才能を発揮して、

最後には彼を黙らして
私が満足するようにしてみせる
そうよ、リンドーロは私のもの、
誓ったの、必ず勝ち取ると。

私は従順で、、
礼儀正しく、
言うことを聞き、優しく、
愛情に燃える。
従うし、
自由にしていいの。

でももし、私の弱みにつけ込むようなら
私はまむしになって、
100もの罠をしかけて
降参するまで、懲らしめてやる。

      

L'ELISIR D'AMORE    Gaetano DONIZETTI

UNA FURTIVA LAGRIMA

アディーナの気持ちを量りかねていたNemorinoが歌う。

Una furtiva lagrima
negli occhi suoi spuntò.
quelle festose giovani
invidiar sembrò..
Che più cercando io vo'?
M'ama, lo vedo.

Un solo istante i palpiti
del suo bel cor sentir!...
Co' suoi sospir confondere
per poco i miei sospir!...
Cielo, si può morir;
di più non chiedo.

密かな涙が
彼女の瞳から流れ出た…
あのはしゃいでいる娘たちを
羨んでいるかのように…
僕は、何を欲しているのか?
あの人の愛が、僕には解っているのに

もしほんの一瞬でも、彼女の鼓動を、
感じる事が出来たら!…
もしほんの一瞬でも彼女と僕のため息が
一つなることが出来たら!…
ああ神よ、そしたら死んだっていい
これ以上、何も望みません

   


LE NOZZE DI FIGARO  Wolfgang Amadeus MOZART

VOI CHE SAPETE

Cherubinoが伯爵夫人に別れを惜しんで歌をささげる。

Voi che sapete
che cosa è amor
Donne vedete
s'io l'ho nel cor.

Quello ch'io provo
vi ridirò;
È per me nuovo,
capir nol so.

Sento un affetto
pien di desir,
Ch'ora è diletto,
ch'ora è martir.

Gelo, e poi sento
l'alma avvampar,
e in un momento
torno a gelar.

Ricerco un bene
fuori di me
Non so chi 'l tiene,
non so cos'è.

Sospiro e gemo
senze voler,
Palpito e tremo
senza saper,

Non trovo pace
notte nè dì,
Ma pur mi piace
languir così.

Voi che sapete
che cosa è amor,
Donne vedete
s'io l'ho nel cor.

あなた方はご存知でしょう
恋とはどんなものなのか
女性たち、さあ、みて下さい。
僕の心の中にそれがあるかどうか

僕が感じていることを
あなたがたに言いましょう
それは僕にとってははじめての事で、
どうしていいのか解らないのです

情愛的な感情を覚えています
それは欲望が一杯で
今、喜びかと思えば、
次には苦悩となるのです。

氷のようになったかと思うと、次には
燃え上がるのを感じます、
そしてまた一瞬のうちに
凍ってしまうのです。

幸せを追い求め、
我を忘れています。
誰がそれを持っていて
それがどんなものかも分からないのです。

ため息と苦悶ばかり
我知らず
心がときめき体が震え、
自ずから

安らぎが見い出せず
昼も夜も
それでもこうして悩むことを
楽しんでいるのです。

あなた方はご存知でしょう
恋とはどんなものなのか
女性たち、さあ、みて下さい。
僕の心の中にそれがあるかどうか

    


DON GIOVANNI   Wolfgang Amadeus MOZART

MADAMINA, IL CATALOGO È QUESTO

Madamina, il catalogo è questo
delle belle che amò il padron mio;
un catalogo egli è che ho fatt'io:
osservate, leggete con me,

In Italia seicento e quaranta,
in Lamaagna duecento e trentuna,
cento in Francia, in Turchia novantuna,
ma in ispagna son già mille e tre.

V'han fra queste contadine,
cameriere, cittadine
v'han contesse, baronesse,
marchesane, principesse,
e v'han donne d'ogni grado,
d'ogni forma, d'ogni età.

Nella bionda egli ha l'usanza
di lodar la gentilezza;
nella bruna la costanza;
nella bianca , la dolcezza.

Vuol d'inverno la grassotta,
vuol d'estate la magrotta;
è la grande maestosa,
la piccina è ognor vezzosa.

Delle vecchie fa conquista
pel piacer di porle in lista:
sua passion predominante
è la giovin principiante.

Non si picca se sia ricca,
se sia brutta, se sia bella;
purché porti la gonnella,
voi sapete quel che fa.
奥さん、これが私の主人が
愛した女性のカタログです。
これは私が作ったのです。
良くご覧下さい。私と一緒に読みましょう。
イタリアでは740人
ドイツでは231人
フランスで100人、トルコで91人、
しかしスペインでは既に1003人

この中には農婦、召使、市民、
伯爵夫人、男爵夫人
侯爵夫人、お姫様、
あらゆる階層の、あらゆるタイプの
そしてあらゆる年齢の女性が
入っています。
彼は一般にはブロンドの優しさを
ブルネットの貞淑さを、白い髪の
女性の甘さを楽しんでいます。
冬には太り気味の女性を、
夏には痩せた女性を、
大人の女性は支配したがるし、
若い女性はいつも優美です。
年寄りの女性はリストに加える
為に征服します。でも彼の情熱の
多くは若い経験の浅い娘達に
向けられています。
お金があるかどうか、きれいか
醜いかは問題ではありません。
要は、スカートをはいているかどうか
それだけ。解りますか

    


TURANDOT  Giacomo PUCCINI

NESSUN DORMA

Nessun dorma! Nessun dorma!
Tu pure, o Principessa,
nella tua fredda stanza
guardi la stelle che tremano
d'amore e di speranza!
Ma il mio mistero e chiuso in me,
il nome mio nessun saprà!
No, no, sulla tua bocca lo dirò,
quando la luce splenderà!
Ed il mio bacio scioglierà
il silenzio che ti fa mia!

Dilegua, o notte!
Tramontate, stelle!
Tramontate, stelle!
All'arba vincerò!
Vincerò! Vincerò!

誰も寝てはならぬ、!
姫よ、あなでさえもそうだ、
あなたの冷えた部屋の中で
愛と希望を求めて輝く
星を眺めていなさい!
だが、私の秘密はこの胸の中に閉まってある、
誰も私の名前は知らない!
いや、夜が明け光が射せば、
あなたに、震えながら告げてあげよう!
そして、私の口づけによって
この沈黙が破られ、あなたは私のものとなる!

おお、夜よ、消え失せろ!
星よ消えよ!
星よ消えよ!
夜が明ければ、私の勝利だ
私の勝利だ!

東京都千代田区九段南4丁目5-14 九段アカデミー 市ヶ谷駅(都営地下鉄、JR、有楽町線、南北線 徒歩3〜6分